timberland 時計 | timberland 時計16 | timberland 時計26 | timberland 時計36 | timberland 時計46 | timberland 時計56

timberland スニーカー | ティンバーランド 靴 | ティンバーランド 6 | 安いティンバーランド メンズ ブーツ | ブーツ ティンバーランド | ティンバーランド販売 | ティンバーランド モカシン | 激安 ティンバーランド レディースブーツ

チェック?ポイント、標的型攻撃対策を強化したセキュリティ?スイート

チェック?ポイント?ソフトウェア?テクノロジーズは5月8日、セキュリティ?スイートの最新版「Check Point R75.40」、同製品の新プラットフォーム「Check Point GAiA」、ボット対策製品「Anti-Bot Software Blade」、脅威情報配信サービス「Check Point ThreatCloud」などを発表した。

代表取締役社長の藤岡健氏は、「セキュリティリスクの動向として、世界の82%の企業が過去1年間でボットの被害を受けており、2007年から2011年の5年間で、マルウェアの数が600%増えていることがわかっている。

こうした状況の下、『Check Point R75.40』は続々と現れる脅威に対抗し、攻撃を防御するとともに、よりよい制御を実現する」と説明した。

Anti-Bot Software BladeはCheck Point R75.40のモジュールの1つとして提供され、ThreatCloudは、Anti-Bot Software Bladeのほか、Check Point R75.40の下で提供される「Antivirus Software Blade」と「IPS Software Blade」で利用可能だ。

各製品の詳細については、システム?エンジニアリング本部 本部長の安藤正之氏から説明が行われた。

同氏は、「われわれはこれまでも標的型攻撃に有効な製品を提供していたが、Check Point R75.40では、世界各地の脅威情報を収集して自動配信を行うThreatCloud、Anti-Bot Software Bladeや機能強化されたAntivirus Software Bladeによって、標的型攻撃に対する対策が強化されている」と、Check Point R75.40の特徴をアピールした。

ThreatCloudは、同業者と共有している「既知の脅威」、同社の独自ネットワークで収集する「拡大中の脅威」、顧客が設置しているゲートウェイから収集する「未知の脅威」に関する情報を、セキュリティ?ゲートウェイ経由で顧客のSoftware Bladeに自動配信するサービス。

Anti-Bot Software Blade、Antivirus Software Blade、IPS Software Bladeは、ThreatCloudから配信された情報を活リアルタイムで活用して、防御機能を強化する。…

ティンバーランドtimberlandメンズブーツ ブラック/米色 ECS000381 - www.timberlandbootsonsale.com

上一篇:「萌えガチャ男子」が無料コンプ可能に! 豪華声優陣が続々登場

下一篇:月額980円で映画ドラマ観放題の「Hulu」が Apple TV に対応【増田 @maskin】